サンプルホーム

外国人看護師介護士とは

少子高齢化に伴い、医療現場では慢性的な人材不足に悩まされております。一方で、日本の高い医療技術を学びたいと願う海外の医療従事者も大勢おります。アジア留学生看護師・介護福祉士支援育成会では、留学生の支援・育成を図ると共に医療現場での人員不足の解消に協力いたします。就業支援の後も留学生、医療機関共にじっくりカウンセリングを行い、双方に橋渡しして行く所存です。最終的には世界規模での優秀な人材の育成と、医療・福祉を通して国境を越えた交流を目指します。

支援対象留学生

  1. 看護師
  2. 介護福祉士
  3. 理学療法士

留学したものの勉強に身を入れない学生や、卒業後日本の医療機関へ就職しないで本国へ帰ってしまう学生が社会問題になっています。当会では、まず本気で日本の医療機関への就職を希望する意識の高い留学生を選抜して迎え入れます。慣れない外国での 生活や言葉の壁は確かに大変な事ですが、将来医療現場で働くためには最低限の日本語コミュニケーション能力は必要不可欠です。日本語能力、国家試験、現場でのコミュニケーションのすべてに臨めるタフな人材の育成を目指します。
また、受け入れる医療機関側も単に人手不足解消に利用するのではなく、一人の従業員として親身に迎え入れ、面倒をみてくれるような医療機関を紹介し、就職後も双方の希望に沿うよう寄り添って参ります。

支援の流れ

  1. 現地での適正試験
    電話、テレビ電話等で本人の人柄、能力や強み、弱み、やり抜く力を判断します。
    学力は事前にペーパーテストで判断します。
  2. 留学の準備
    その人に合った日本語学校を紹介し、必要書類の準備等をお手伝いします。
    必要に応じて入居先の紹介などもいたします。
  3. 日本語学校で就学
    入学から1年半、または2年以内に日本語検定1級に合格しなければなりません。
    勉強に集中できるよう奨学金制度を設けています。また、経済的に学費を捻出することが難しい人には、アルバイトの紹介も行っております。
  4. 国家試験を受験
    日本語検定1級に合格した人は国家試験を受験することができます。
  5. 医療機関へ就職
    国家試験合格後、日本の医療機関へ就職を斡旋いたします。就職後も安心して勤められるよう留学生・医療機関双方に歩み寄って橋渡しをいたします。

留学生の就職までの流れ

一般社団法人 アジア留学生
看護師・介護福祉士育成会

埼玉県さいたま市大宮区
高鼻町 2-320-3
TEL:048-649-2288