サンプルホーム

当会の特長と実績

  • アジア各国に広がる、信用のおける人的・組織的ネットワークがあります
  • 信頼がおけるアジアの優秀な人材を、医療機関に橋渡しができます
  • 留学生のための奨学金制度があります
  • 医療機関のフォロー、経営・組織のマネジメントのサポートも行います

当会の活動は、代表理事長の阿部が10年以上の長きにわたり個人的に続けてきた、アジアの新興国の教育支援活動がベースになっています。
その支援活動で築かれた信用のおける人的・組織的ネットワークが海を越えたアジア各国にあります。

当会はモンゴル、ベトナム、中国などの国立の大学と業務提携を結んでおり、優秀な学生を留学生として日本に受け入れることを可能にしています。また、その優秀な留学生を医療の専門分野で日本語でしっかりと勤務できる人材として責任を持って育成しています。


これまでの支援事例紹介

私が一番憧れるのは、「日本の看護師」という職業自体です

羊 善嬌さん
羊 善嬌さん(中国より留学)
2012年   埼玉県立大学へ留学
2014年7月 日本語検定1級取得
2016年2月 看護師試験受験 資格取得

今の病院に入職してから一番辛かったのは、伝えたいことが上手く日本語で伝わらなかったことです。少しずつ言葉の壁を乗り越えた今の私は、「羊さんは何座ですか?」と聞かれたら「ギョーザです」と同僚に冗談を言えるようになりました。全病棟の部屋持ち業務をやって、リーダーも任せてもらえるようになりました。ぼちぼち夜勤も始めています。
私は日本のアニメが大好きで、給料が高いのも来日した理由の一つですが、私が何より憧れるのは「日本の看護師」という職業そのものです。 思いやりと活気にあふれる地域社会に溶け込んで、日本人の看護師と同じように仕事をして人の役に立つようになるには。。。その答は近い将来きっと見つかると思います。
( 新聞の写真をクリックすると、大きな画面で記事がご覧になれます。)

日中友好の懸け橋になれるように頑張っていきたい

馬 雲さん
馬 振さん(中国より留学)
2016年 埼玉県立大学へ留学
2017年 山西医科大学卒業
2017年10月 再来日して日本の看護国家試験の受験準備中

留学中の1年間を振り返ると、一番上達したのは料理と日本語だと思いました。私たちは夏休みと冬休みを利用していろいろな所を見学し、日本のサービスと交通の便利さに感心しました。
ホームステイや施設見学、川越の文化祭、国際文化交流、サークル活動、学園祭、祭りなどいろいろな行事を通して、豊富な留学生活を送らせていただいて、日本の生活が理解できました。 これからどこに行っても、たくさんの感謝を忘れずに、日中友好の懸け橋になれるように頑張っていきたいと思います。


代表理事・阿部のこれまでの支援実績

モンゴル国立医科大学との医療学術交流支援締結

モンゴル国立医科大学にて記念セレモニー

モンゴル国立医科大学にて記念セレモニー

モンゴル国立医科大学看護学長より勲章を授与

モンゴル国立医科大学看護学長より勲章を授与

モンゴル国立医科大学学長と

モンゴル国立医科大学学長と

モンゴル国立医科大学看護学長、大学スタッフと

モンゴル国立医科大学看護学長、大学スタッフと

モンゴル国立医科大学の学生たちと

モンゴル国立医科大学の学生たちと

モンゴル国立医科大学にて講義

モンゴル国立医科大学にて、医療現場に携わる人材としての心構えを講義

アジアの留学生を広く受け入れ育成に尽力

中国の大学院と医療従事者の育成支援の協力協定を締結

中国の大学院と医療従事者の育成支援の協力協定を締結

数多くのアジアの留学生を支援し、生活面から学業に至るまで手厚くサポート

数多くのアジアの留学生を支援し、生活面から学業に至るまで手厚くサポート

一般社団法人設立記念 アジア留学生・協力者交流会開催

アジア医療・福祉留学生交流会

一般社団法人 アジア留学生
看護師・介護福祉士育成会

埼玉県さいたま市大宮区
高鼻町 2-320-3
TEL:048-649-2288